アウグスティヌス 水上健次神学生の助祭叙階式について

2021年4月25日(日)復活節第4主日のミサにおいて、山手教会出身のアウグスティヌス 水上健次神学生の助祭叙階式が滞りなく行われました。

この日行われた助祭叙階式は、こちらからご覧いただけます。

~ 水上健次新助祭について ~

 水上さんは1966年に横浜で誕生し、1995年に山手教会で洗礼と堅信を受けられました。山手教会では、青年会、教会委員会、バザー委員会で役員を歴任されましたが、一番長く奉仕していたのが、年2回の教会大掃除の責任者とバザー委員会委員長で、カトリック東京神学院に入るまで務めていました。
 彼は率先垂範を絵に書いたような人で、どのような重労働でも真っ先に体を張って行動し、自分の背中で信徒の仲間を導いていました。
 久しぶりに誕生した山手教会出身の聖職者に感動しています。
 水上さん、本当に、おめでとうございました。

Print your tickets